児頭大の子宮筋腫ができた

下腹部のぽっこりが気になり始めた頃のことです。

私はもともとスポーツをやっていて下腹部も筋トレで鍛えていたりしていました。なのでプニプニしているわけではないですが、昔ほど凹まなくなったな~と思っていたぐらいでした。と同時に、生理の時は、ナプキンとタンポンを付けていても練習後にはズボンにまで漏れているということも度々ありました。ただ、年齢と共に体も変わってきたんだろうな~ぐらいにしか思っていませんでした。

ちょうど30歳で全く関係のない病気で入院をしていた時、薬で免疫力が落ちて他のところにも異常が出てきてしまっていないか検査をするということで、婦人科にも検査にいきました。そこで11cmの子宮筋腫が見つかりました。そんな大きな子宮筋腫があれば下腹部は凹まないはずですよね。

先生と話すと、この大きさでは開腹手術は避けられないとのことでした。そして少しでも小さくしてから摘出するためにホルモン剤を飲むことにしました。

もともと入院していた病気でステロイドも服用していたため、ステロイドとホルモン剤の相乗効果でみるみるうちに太ってしまい、耐え切れずにホルモン剤は中止してもらいました。

ステロイドの服用量が落ち着き、子宮筋腫発見から2年後、開腹による摘出手術を受けました。子宮筋腫でも妊娠できたブログはここ

母親が付き添ってくれましたが8時間ぐらいかかったらしいです。母はついでに摘出した筋腫を写真に収めていましたけど、私は見ていません。

それから5年経った今でもお腹には大きな傷があります。

そして、妊娠はできるが帝王切開になると手術前に言われているので、今後、妊娠しても自然分娩はできません。

ですが、手術をして良かったのは経血量が減ったというか正常に戻ったことです。今思うと確かに異常なまでの経血量だったなとつくづく思います。

その後、子宮頚部異形成も見つかり、円錐切除で摘出しましたが、こちらももう完治という診断を受けています。
腰痛 足のしびれ 卵巣嚢腫 プレミアム酵母 蓄膿症 頭痛 ルフィーナ おならが止まらない 後鼻漏 子宮筋腫妊娠 ニキビ角栓 足の痛み 子宮が痛い 頻尿 非公開車両 子宮腺筋症 ラミューテ

MTBlog50c3BetaInner

最近のブログ記事