ニキビを潰してしまって後悔したこと

元からニキビが出来る体質ではないのですが、たまに大きなニキビが出来ます。

良くないとわかっていてもニキビを潰してしまうタイプで、潰した痕も残ったことがなかったので、ニキビができるたひたすら潰していました。

約一年前にも頬に大きなニキビができてしまい、いつものように潰して中の芯を出したのですが、いつまで経ってもニキビが消えないのです。

日が経って赤みは消えても、ぷくっと膨れた感じは消えなかったです。

化粧を薄くしたいと思い、ごまかせる範囲だったので、そこから半年はなんとなく過ごしてしまいました。

ただ、少し大きくなってきたので皮膚科に行き診てもらったところ、粉瘤になっていると診断されました。

粉瘤とは、ニキビを潰すことによってそこにゴミが溜まり、だんだん大きくなってしまう病気らしいです。

形成外科で手術した方がきれいにとれると教えてもらい、紹介してもらいました。

形成外科では、まず術前の写真を撮影してから、局所麻酔を打ちます。

メスで切ると傷になってしまうからと、針で少しだけ穴を開けてそこから中につまったゴミを除去してもらいます。

穴を開けただけなので、縫合はありませんでした。

費用も保険の範囲内だったので、そこまで高くなかったです。

一週間は専用のシールを貼って化粧はしないように言われて、再診で経過をみてもらいました。

経過はとても順調でした。

先生が上手だったので、今ではどこを手術したのかわからないくらいです。

ニキビを今までずっと潰してきましたが、これをきっかけにすぐに皮膚科で診てもらうようになりました。
腰痛 足のしびれ 卵巣嚢腫 プレミアム酵母 蓄膿症 頭痛 ルフィーナ おならが止まらない 後鼻漏 子宮筋腫妊娠 ニキビ角栓 足の痛み 子宮が痛い 頻尿 非公開車両 子宮腺筋症 ラミューテ

MTBlog50c3BetaInner

最近のブログ記事